Notes (藤井快哉・ピアニスト)

大阪音楽大学でピアノを教えながら、演奏活動をしています。

ピアニストは指の股が開いた方が得だ!とか、逆にそれじゃ支えが利きにくくなるから水掻きが大きい方が演奏には有利だ!とか賛否両論です。
僕は・・・、標準サイズの手の持ち主だと思っているので、「詰まるところどっちでもイイじゃん!?」派です。
しかし、訳も無くうらやましくなるサックス奏者の井上麻子さんの指開脚をごらんになりたい方はコチラをクリック→「指開脚」。
左が、僕の手。右が井上さんです。
あのぉ、僕はこれでもピアニストですし、各指の開き具合には自信があったのですが。
他楽器奏者(しかも女性)に軽く凌駕されてしまうと自信喪失どころか、唖然ボーゼン。
いくら払ったら、あの手は貸していただけるのかしらん?
ちなみに、今日もあわせ練習は楽しかったで〜す♪