Notes (藤井快哉・ピアニスト)

大阪音楽大学でピアノを教えながら、演奏活動をしています。

一昨日、サックス奏者・井上麻子さんの演奏会に行ってきました。
(一昨日の話を持ち出すところが、すでに日記じゃない・・・)
いやぁ、面白かった!
基本、ゲンダイオンガクだけのプログラムだったのだれけど、サックスでそういうのをやると全く嫌味じゃないんだね〜、って思いました。
むしろ、ゲンダイオンガクというフィールドなら、その真価を他のどんなアコースティック楽器よりも発揮しそうです。


楽器としての歴史が浅いと、軽く見てしまったり近寄りがたかったりするのは事実です。
実際に僕も、どこかでそういう偏見がある。
でも、楽器の特徴を最大限に生かす作品が其々の時代に応じて生まれてくるはずで、サックスなら近現代に良いオリジナル作品が沢山あるやん!と再認識しました。


ピアノは楽器の性質上、演奏しやすいし、いろいろな意味で守備範囲が広いです。
でも、テキトーに弾いちゃったりすると、その親しみ易さ故に簡単に底が割れてしまうというか、下手クソなのがバレバレというか・・・。
うん、結局は練習せなあかん、ってことヤネ。
あれれ・・・、墓穴を掘ってしまった。


何で、井上さんの話題を出したかって?
共演するんです、10月24日に。
宣伝したかっただけかって?ハイ、その通り!(いやいや、そうじゃないと言いたいんだが・・・)
神戸文化ホールの中ホールで11:00開演だそうです。
また、詳細が分かったらScheduleにアップします。