Notes (藤井快哉・ピアニスト)

大阪音楽大学でピアノを教えながら、演奏活動をしています。

ポジティヴにいこう

一昨日書いたことを読み返してみると、何となく気分悪くなってしまったから、良い事も書こう♪


一年前にも書いた気がするけれど、「イマドキの学生たち」は、結構強かだったりする。
勝ち組・負け組」の二極化で差別されがちな風潮の中で、何とか自分を活かしていかなければならない。
そんな中、強かでアタマの良い学生は「世の中はそれほど単純ではない」ことを見抜いている気がする。


進路について考えている学生たちは本当に様々で、それぞれに今の自分が置かれている立場を、それなりに理解している。
自分が学生だったバブリーな頃は、彼らほど客観的に社会と自分の距離を見据えることが出来なかったと思う。


今を強かに生き抜いている学生は、社会人になってからも、自分が「勝ち組・負け組」だなんていう認識さえ必要なく、シッカリと生き残っていけるのだろうな。


うぅ〜ん!!!先生もがんばろう。

広告を非表示にする