Notes (藤井快哉・ピアニスト)

大阪音楽大学でピアノを教えながら、演奏活動をしています。

考え方や感じ方なんて十人十色

孤独な練習を長時間強いられる?!ピアノを続けていると、音楽やピアノ以外の様々な世界を知ったり見聞を広げることに本当に臆病になっていると思うときがある。
それでもまだ、様々な音楽や演奏に柔軟であろう♪としていればともかく、「これは、こうあるべき!」と頑なになってしまうピアノ弾きは多いんじゃないかな。
クラシック音楽の愛好家にも、そのテの人は多い気がする。
音楽だって最低限度のルールはあるから、ルールを守らない「我が儘」とルールを知った上での「自由」の違いを理解することは重要だけれども、それらを認識している上で相手の意見や音楽に耳を傾けるのも大切。
自分が経験したことだけが世の中の全てではなく、周囲の全ての人達に各々の経験の全てが存在しているから、それらを全て理解できなくても理解しようとする姿勢は必要だと思う。


別に取り立てて自分が非難を浴びたりしたわけではないけれど、最近いろいろな場面で「相手に自分の価値観を押し付けてるんじゃないの?」と思うようなことがあったので。
相手に無理矢理、自分自身の価値観を押し付けないように、くだらない価値観を身につけないように注意しなきゃいけないな。
もっともっと、寛容な人間になりたいと思う。