Notes (藤井快哉・ピアニスト)

大阪音楽大学でピアノを教えながら、演奏活動をしています。

自主企画、終わりました!

バルトークの一ページ目はタイトルだけ

一昨日の演奏会にご来場くださった皆様、どうもありがとうございました。
ヘヴィーなプログラムでしたが、楽しんでいただけましたか?


意外に好評で嬉しかったのはバルトーク
難解な作品なので、練習を始めたころは私たち演奏者自身が「???」だったものです。
でも掘り下げれば掘り下げるほど、本当の良さが分かるすばらしい作品。
今後も演奏の機会に恵まれますように。
またこれを機会に、バルトークをより多くの方々に聴いていただけるようになるといいな。


ベートーヴェンブラームスも今更言うまでもない名作で、だからこそこのような選曲で挑むのは勇気がいりました。
でも逃げても始まらないので、これまではもちろん、これからも挑戦者の精神で続けていきたいと考えています。


ご意見・ご感想等お寄せください。
今後の私たちの活動に役立てさせていただきます。


P.S. インターネット上で、演奏会評を二つ見つけました!
まずは、音楽評論家の出谷啓様。ご自身のホームページ上で公開して下さっています。
http://homepage3.nifty.com/detani/new_page_1.htm
もう一つは、syrinx様。とても沢山の演奏会に出かけていらっしゃるようです。
http://www.enpitu.ne.jp/usr3/39611/diary.html
うれしい♪これからもっと頑張ります。