Notes (藤井快哉・ピアニスト)

大阪音楽大学でピアノを教えながら、演奏活動をしています。

白鳥の歌

シューベルトと言えばベーレンライター

昨日、歌のレッスンの伴奏をしてきました。
お題はシューベルトの「白鳥の歌」でした。


とりあえず全体に「愛する人の不在」という共通のテーマはあるけれど、「冬の旅」みたいに一貫したストーリー展開があるわけではないからラクかな?
ただ僕の音はどちらかと言えば明るい方だと思うので、燻ったモヤモヤ感を出すためにはそれなりに考えます。


でも、お歌の先生から直接奏法について注意されることは滅多になく、むしろイメージを喚起させてくれることが多いので、それを実際の音にしていく過程を辿るイイ勉強になりました。


ときどきはリートの伴奏も勉強しなきゃ、です。

広告を非表示にする